So-net無料ブログ作成

アテンザワゴンでドライブ ~DPF再生 [クルマ]

過去にディーゼルエンジン搭載の車を経験したのは

トラックやマツダのボンゴしかなかったので

臭くて五月蠅くて煙い

そしてアクセル踏んでも全然前に進んでくれない

という悪いイメージしか無かったですが


しかしこのマツダのディーゼルに乗ってからは

ディーゼルに対しての固定観念が完全に取り払われました


アクセルを踏めばガソリン車なのかと思うほど

非常に軽やかに吹け上がり

車内に聞こえるエンジン音はとても静かだ


しかしそんな素晴らしいディーゼルエンジンにも

弱点があるらしい


それはディーゼルエンジンの構造上必ず発生してしまう

『煤』を大気を汚染せぬ様に

DPF(ディーゼル微粒子捕集フィルター)によって

吸着し除去せねばならず


そしてその溜まった『煤』を

定期的に焼き払う処理をしなければならないらしい


それをDPF再生って言うのかな!?


その周期が走行距離がだいたい200kmぐらいで

やって来るらしいのだが

実は運転していてもその実感がまるで無い


いったいいつそのDPF再生が行われているのか

メーター等にそれを知らせるランプ類は存在していない様なので

確認しようがない


どうやら本来信号待ちで頻繁に行われる筈の

アイドリングストップをDPF再生を優先させるために

アイドリングストップ機能を働かせない様になっているらしい


DSC_0684Resize.jpg
だからi-STOPのランプも点かない
DSC_0688Resize.jpg

マツコネの燃費モニターを見ると

確かにDPF再生中を示す表示がされている


やはり10kmぐらいはかかるらしいから

あまり短距離だけの走行が頻繁に行われるのは

ディーゼルエンジンには良くないようだ


自分は通勤距離が片道20kmぐらいはあるので

問題ないと思うけど


ガソリンエンジンの様に何も気にせずに

乗っているわけにはいかない様です





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。